ビジョン

HIMテックのビジョン

昨今の経済情勢。
非常に厳しい時代に直面しております。

私たち「(株)HIMテック」は豊富なノウハウと、各業務を十分に担う適正な規模と体制、メーカを選ばない技術により、お客様のニーズに合わせたプランをご提供致します。
お客様、我々コンサルタント・施工業者、機器メーカーの3者において、目的と目標が明確に共有されてはじめて、もっともお客様のニーズに合致した計画が生まれます。この逆・これ以外に、王道はありません。
ですから、私達はお客様の問題意識・課題を入念に調査・分析し、お客様と機器メーカーにフィードバック致します。
また、お客様の投入可能な経営資源を元に、機器メーカーと一体となって「持続可能な合理的システム」をご提案・施工致します。

「モノありき」から「結果ありき」への転換

先進国、中進国の経済発展を支えてきたエネルギー資源に、近年さまざまな問題提起がなされるようになっています。
中でも大きな問題はやはり二酸化炭素問題といえるのではないでしょうか。

日本においても、政府・経済界が主導となりこの問題に取り組んでいく姿勢が明確に打ち出されており、また、一般消費者にもその機運はほとんど常識とまで言えるほどに根付きつつあるのが現状です。

ですが、この環境問題に関する企業のマネージメント能力は十分であるとは申せません。
その必要性の認知が高まってから日が浅く、十分な実績に基づく情報が少なすぎる事がその遠因となっていると、私たちは考えています。

また、情報が少なすぎるという事が原因となり、こと環境対策分野では”メーカーの「モノ」”を中心としたシステム設計に、お客様の「プラン」を合わせてゆく様な計画が行われることもしばしば見受けられます。

私たちHIMテックは、そのような「モノ」主体のシステム計画に疑問を持つことがスタートでした。
なぜなら、環境ビジネスにおいてお客様が満足出来なかった場合とは、環境を守るという本来の目的の達成が十分でなかったという事にほかならず、また、十分に計画的・合理的に設計されたシステムであれば、結果が出ないという事態は、普通ありえない事だからです。

私たちHIMテックは、良い意味の「結果主義」を貫きます。
お客様のお役に立つことはもちろん、結果が出るとは環境を守ることであり、よりよい未来を守る技術・ノウハウを創っていくことだと考えているからです。

また、私たちHIMテックは、優れた技術を持つ機器メーカーと、お客様の課題をつなぐ架け橋の役割をはたします。
日本の機器メーカーの技術は世界的にも優れた優位性を持っておりますが、それに気づかず、使われなければ何の価値もありません。

私たちがお客様からご相談を受け、その任務、目標達成のために調査・収集した豊富な技法・機器・システムの情報をお客様に紹介し、お客様と共にトータルにコーディネートしていくならば、お客様にとっては常に最新の技術をソリューション解決の為に利用できるチャンスとなり、機器メーカーにとっても、より良い物が残り伸びていく、そのような健全な、Win-Winの好循環につながっていくと考えております。

HIMテックは、豊富な経験とスキルをもった人材が、お客様のお役に立つことを喜びとする会社です。